a
DELIGHT RECRUIT
DELIGHT RECRUIT

PEOPLE

08

お金の専門家が、
人材のプロになる。

本部
2016年 中途入社

澤井 理夫

MASAO SAWAI

PROFILE
前職では大手レストランチェーンで経理業務を東京と福岡で9年担当。子どもが生まれたことをきっかけに、実家のある豊橋市で仕事を探す中でクックマートを知る。近所の主婦や家族から「すごい店だから行ってらっしゃいよ」と強力な後押しがあり入社を決意。経理を担当した後、現在の人事コミュニケーション部に配属となる。家族で店舗を訪れるのが毎週のイベント。

正解のある仕事から、答えのない仕事へ。

今の私の仕事は、主に採用活動を担当しています。新卒や中途で応募いただいた方とコミュニケーションを取って、面接して、入社してもらう。その一連の流れが私の仕事なのですが、なにぶん人事の仕事は初めてのことで……まだ手探りというのが正直なところです。それまで、私はずっと経理畑の人間でした。商業高校で簿記に出会って、税理士を目指して、挫折して、それから前職で9年、クックマートに入社して1年と少し経理を担当しました。経理の仕事は、ルールのある仕事。いわば正解がある仕事です。でも採用は、会社と人の将来を描いていく、答えのない仕事ではないでしょうか。まだまだ知らないことばかりですが、少しずつ新しい世界が開けてくるのにはワクワクしています。

お店を影で支える「澤井システム」の生みの親。

専門だった経理から未経験の人事にチャレンジしたのには、ひとつのきっかけがありました。それは入社1年目。前職と同様に経理の仕事に勤しんでいたのですが、せっかく新しい職場なのだから、新しいことに挑戦しようと思いました。そこで業務のスキマ時間を見つけて、各店を回り「何かパソコンで困っていることはありませんか?」という相談行脚を始めたんです。商売のことは分かりませんが、エクセルは得意です。きっと現場で困っていることがあると思ったんですよ。その中で生まれたのが通称「澤井システム」です。手作業だったシフト表を劇的に使いやすく作り変えました。気づけば全店にも採用が決定。そんな行動が社長の目に留まって「人事やってみないか?」とお話しをいただいたんです。すぐに手を上げましたが、経理の仕事だけでは満足できなかった僕を、見透かされていたのかもしれません(笑)

人事採用は、デライトの経営に直結する大切な業務。社長ともマメに意見交換を行います。

 

地元に愛されるお店を、もっとよくしたい。

私が入社を決めた理由のひとつは、「クックマート大好き」という家族や近所の方の後押しでした。地元に愛されているお店って信用できるじゃないですか。通っている美容院でも「クックマートの〇〇ってすごく美味しいよね」と話題に出ますし、休みになると今でも家族を連れて惣菜を買いに行きます。仕事で役立てようとか下心なく、ほんとに旨いし、いいお店だなぁとしみじみ思いますし、自分がもっと頑張って貢献したいと強く感じます。特に上層部の方を見ていて思うのですが、常に危機感を持っているんですよね。必死さが伝わってくる。上が本気なのに、自分たちがのんきじゃいられないですから。人事の仕事はまだまだ不慣れですが、このいいお店を、もっとよくできる人材に来てもらえるよう、全力を尽くしたいと思います。

休日は家族でクックマートのお店に寄るのが澤井家の日常です。娘も楽しんで買い物に付き合ってくれます。

  • 「師匠」×「弟子」対談 CROSS TALK #01
  • 戦友対談 CROSS TALK #02
DELIGHT!でないと