a
DELIGHT RECRUIT
DELIGHT RECRUIT

PEOPLE

03

肉のビッグウェーブ
に乗れ!

精肉部門
2014年 中途入社

鈴木 浩祐

KOSUKE SUZUKI

PROFILE
豊川生まれ。大学卒業後は別のスーパーに就職するが、本部主導型のスタイルに馴染めず、より自分が出せそうなクックマートへ転職。2年でチーフへスピード昇進を果たす。毎週のようにサーフィンをしに海へ出るため、一年中色黒である。

商売の手応えを感じられる仕事がしたい。

今僕は、チーフとして精肉売場の計画と売上の管理をしつつ、自ら包丁を握り日々肉を捌いています。精肉は簡単そうに見えて奥深い世界。例えば希少な部位の判別の仕方とか、捌く厚さの数ミリの違いが美味しさを左右するとか。経験を重ねるほどに、発見があります。実は、僕は前職でも別のスーパーで精肉に関わっていました。規模は大きかったのですが、売り場も値決めも本部主導型。肉の面白さに気づくこともありませんでした。クックマートの自由裁量は業界でも話題になっていたし、転職した知り合いからは「うわさ通りだよ」と聞いて、転職を決めました。やっぱり、自分で商売をやってる、という実感が欲しかったんです。

父の楽しそうな背中を目指して。

僕の仕事選びの基準、というか目標にしているのは父です。父は、僕が中学のときにサラリーマンを辞めてスポーツ用品店を開業しました。突然のことでした。反抗期真っ盛りだった僕は、何だコイツ、なんて思いましたよ(笑)。でも、生活がどんどんいい方向に変わっていって、父は毎週のように趣味の登山に出かけて行って、すごく楽しそうで……。僕もああなりたい。素直にそう感じました。たぶん、それからですね、自分で商売がしたいと思うようになったのは。クックマートではおかげさまで、自分で売っているという実感を常に得られています。自分やチームの発想で売り場を仕掛けて、狙ったとおりの反応が出て、びっくりするような売上を作れたりするときは本当に楽しいですよ。

肉の時代が、きっと来る。

クックマートに来てから、毎週のようにサーフィンをしています。これまでに色んなスポーツをしましたが、サーフィンは特別な存在ですね。同じ波は二度とこないし、攻略するのに頭フル回転だし、うまく乗れたときのアドレナリンがドバッと出る感じって、他では味わえない。あと、肉の奥深さと同じで、少しずつ自分の技術が進歩している喜びがあるんです。突然ですけど、僕はこれから“肉の時代”がくると確信しています。魚は獲れる量が限られているし、いろんな情報を眺めていても肉の情報量の方が多い。だから、それを見越して、今は世間の焼肉の流行りとか、牧場の現状とか、とにかく学ぶことを心がけています。将来のことを考えるとワクワクしますよね。でかい波に乗るように、肉の時代を乗り切ってみせますよ。

毎週のように海に出て波に乗ります。サーフィンは、僕にとっては特別なスポーツ。おかげで年中色黒です。

  • 「師匠」×「弟子」対談 CROSS TALK #01
  • 戦友対談 CROSS TALK #02
DELIGHT!でないと